OfferBoxでオファーがこない人5つの特徴|元人事が対処法を解説

オファー,こない 就活サービス
OfferBoxに登録したけど、企業からのオファーが全然こない!

逆求人型の就活サイト「OfferBox(オファーボックス)」に登録したものの、企業からのオファーが届かずガッカリしている人は多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、実際にOfferBoxで累計5,000人以上のプロフィールを見て、19卒〜23卒へオファーを送っていた元人事の筆者が、企業からスカウトされるコツを解説します。

元人事Mayuka
元人事Mayuka
この記事を読めば、オファーを送る企業側の本音がわかり、少しの工夫で多くの企業からスカウトされるようになりますよ。
この記事でわかること


・オファーがこない人の特徴

・オファーの数を増やすコツ
・志望企業からオファーをもらう方法

 

OfferBoxでオファーがこない人の5つの特徴

オファーがこない理由として、次の5点が考えられます。

どれか1つでも当てはまる場合は、企業から「マイナス評価」されている可能性が高いです。

オファーがこない人の特徴


1.プロフィール情報が少ない

2.顔写真を登録していない
3.14日以上ログインしていない
4.結論から書いていない
5.希望条件が細かすぎる


それぞれ
マイナス評価される理由とともに、オファーを増やすためのポイントも解説していきます。

1.プロフィール情報が少ない

プロフィール情報が少ないと、企業側はオファーを送るべきか判断できません。

また、プロフィール入力率が高い人ほど上位に表示される仕組みになっているため、情報量が少ないとプロフィールに目を通してもらえない可能性があります。

とくに、企業が重視する次の項目は必ず入力しておきましょう。

企業が重視する項目


1.自己PR

→過去どんなことに取り組み、どんな強みをもっている人なのか知りたい

2.適性診断AnalyzeU+
→社風や企業文化とのマッチングが知りたい
※主体性や傾聴力など、企業によって見ているポイントは異なります


自己PRは2〜3行で終わらせるのではなく、できるだけ詳しく書くのがポイントです。

プロフィール入力率をあげるためだけに広く浅く書くよりも、一つひとつの項目をきちんと書いた方が企業の印象に残ります

元人事Mayuka
元人事Mayuka
エントリーシートの練習だと思って、今から文章力を磨いておきましょう!

2.顔写真を登録していない

どんなに詳しくプロフィールを書いていても、顔写真を登録していなければオファーの可能性は下がります。

顔写真がないと、企業側はあなたがどんな人なのかイメージできないうえに、オファーしても返信してくれなさそうな人だと思ってしまうのです。

顔写真は、きちんとした証明写真を用意する必要はありません。むしろ、自然な笑顔の写真の方が好感をもたれやすいので、プライベートの写真をぜひ登録してみてください。

>> OfferBoxで企業ウケする写真とは?元人事が実例をもとに解説

元人事Mayuka
元人事Mayuka
ただし、複数人が写っていて誰があなたかわからない写真や、うしろ姿・横顔などの表情がわからない写真はNG。顔がはっきり写っている写真を選びましょう。

3.14日以上ログインしていない

しばらくログインしていない人は、「オファーしても気づいてくれなさそうだな」と思われ、他の学生と比べてオファーの優先度が下がります。

また、企業は「最終ログイン日」によって学生を検索できるため、しばらくログインしていない状態だと検索にかからず、プロフィールを見てもらうことすら叶わないのです。

実際、筆者は「ログイン14日以内」の条件でオファー対象を絞ってから、一人ひとりのプロフィールを見ていました。

毎日ログインとまでは言いませんが、少なくとも2週間に1度はログインしましょう。

4.結論から書いていない

記述式のプロフィール項目である「自己PR・私の将来像・過去のエピソード」は、必ず結論から書きましょう。

書き方の例(自己PRの場合)


OK:私の強みは◯◯です。△△部の部長として〜。
NG:私は△△部の部長をしているのですが〜。


結論から書かれていないと、内容がしっかり伝わらないうえに
「論理性がない」と判断されてしまいます

また、企業からはこのようにプロフィールが見えているため、自己PRの最初の1〜2行がもっとも大事です。

OfferBoxプロフィール
元人事Mayuka
元人事Mayuka
「続きが読みたい!」と思ってもらえるよう、最初の数行に力を入れましょう!

5.希望条件が細かすぎる

業界・職種・勤務地などの希望条件が細かすぎると、条件にあう企業が限られ、オファーの可能性が低くなります。

プロフィール内容は企業から評価されているのに、「他業界を志望しているから、オファーしてもダメだろうな」と思われてしまうのは非常にもったいないことです。

また、「今まで知らなかった・興味がなかった企業からオファーが届き、就活の視野が広がること」が、OfferBoxの醍醐味でもあります。

希望条件をゆるめれば、思わぬ優良企業からオファーが届くかもしれませんよ。

元人事Mayuka
元人事Mayuka
企業選びの軸・企業タイプ・オファーに関するリクエストなども、とくにこだわりが無ければ条件をゆるめてみてくださいね。

オファーがこないのはタイミングのせいかも?ピークは広報解禁の3月

オファーの送信時期や期間は、企業によって異なります。

例年、大学3年生の6月頃からオファーを送る企業が増えはじめ、広報解禁の3月頃にピークを迎えます。

そのため「オファーがこない」と感じるのは、まだ企業が動き出していないからかもしれません。

とくに大手企業は動き出しが遅く、1〜2月頃からようやくオファーを送りはじめる傾向にあります。

ただ、企業の動き出しを待つだけではNG。早い段階からプロフィールを仕上げておき、定期的にログイン・更新することが、オファー数を最大限に増やすコツです。

また、12月まではインターンシップのオファーが中心のため、「希望条件」の「インターンシップに参加してみたい」に必ずチェックを入れておきましょう。

OfferBox希望条件
元人事Mayuka
元人事Mayuka
プロフィール編集→基本情報→希望条件をクリック!最下部に表示されていますよ。

志望企業からのオファー率を高める3つの方法

理想としては、志望業界や有名企業からのオファーがほしいですよね。

オファーの量と質、どちらも高めるには次の方法が効果的です。

志望企業からオファーをもらう方法


1.「私を見て」機能を使う
2.他の逆求人サイトにも登録する
3.自分の強みを再確認する


それぞれ詳しく解説していきます。

1.「私を見て」機能を使う

OfferBoxの「私を見て」機能を活用すれば、就活生側から企業へアピールできます。

「私を見て」機能が使えるのは、プロフィール入力率60%以上かつログイン30日以内の人のみ。

条件を満たせば、トップ画面にAIが選んだおすすめ企業が最大4社表示されるようになります。

気になる企業があったら、「私を見て」ボタンを押してアピールしてみましょう。

私を見て機能

実際、私が採用担当をしていたときは、「私を見て」機能でアピールしてくれた方から優先してプロフィールを拝見していました。

企業側はオファー送信にかかる時間と労力を無駄にしたくないため、オファー承諾してくれる可能性が高い人からスカウトしたくなるのです。

「あなたにマッチした企業」は1〜2週間で入れ替わるため、定期的にチェックするようにしましょう。

参考:OfferBoxヘルプ

2.他の逆求人サイトにも登録する

逆求人型の就活サイトは、それぞれ登録企業が異なります。

OfferBoxは登録企業の数こそ多いですが、ライバルとなりうる就活生の数が多いのも事実。

より多くの企業に自分のプロフィールを見てもらうためには、複数の逆求人サイトに登録するのがおすすめです。

おすすめの逆求人サイト


1.キミスカ
OfferBoxに次いで人気No.2の逆求人サイト
登録者は平均7社からのスカウトをゲット

2.dodaキャンパス(アプリ版はこちら
企業からのオファー受信率97%
自己PR添削サービスあり

3.CheerCareer
成長企業・ベンチャー企業に特化
企業からのオファー受信率94%


どの逆求人サイトもプロフィール項目はほぼ同じなので、登録作業はそこまで負担にならないはず。
少なくとも2サイト以上は登録しておきましょう。

>> 逆求人サイトおすすめランキングTOP7|元人事が厳選&徹底比較

3.自分の強みを再確認する

さあ、才能に目覚めよう

オファーの量と質を高めるには、自己PRの改善がもっとも効果的です。

しかし、「自分の長所がわからない」「上手く文章にまとめられない」と悩んでいる人は多いと思います。

そこでぜひ活用してほしいのが、性格診断の「ストレングス・ファインダー®︎」です。

34の資質の中から自分の強みTOP5が明らかになり、強みが発揮されるパターンや活かし方まで詳細にわかるようになっています。

34の資質と行動アイデア

アレンジ/ 運命思考/ 回復志向/ 学習欲/ 活発性/ 共感性/ 競争性/ 規律性/ 原点思考/ 公平性/ 個別化/ コミュニケーション/ 最上志向/ 自我/ 自己確信/ 社交性/ 収集心/ 指令性/ 慎重さ/ 信念/ 親密性/ 成長促進/ 責任感/ 戦略性/ 達成欲/ 着想/ 調和性/ 適応性/ 内省/ 分析思考/ 包含/ ポジティブ/ 未来志向/ 目標志向

引用:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

こちらの本を購入すれば、アクセスコードからウェブテスト(全177問・所要時間35分)が受けられるようになっています。


他の就活生と似たり寄ったりな自己PRでは企業の印象に残りませんし、あなたにしかない魅力を「真面目」「努力家」などとありふれた言葉でまとめてしまうのは非常にもったいないです。

「ストレングス・ファインダー®︎」を活用して、オリジナリティあふれる自己PRを完成させましょう。

元人事Mayuka
元人事Mayuka
診断結果はこのように表示されます!本にはより詳しい解説が載っていますよ。
ストレングス・ファインダー診断結果

まとめ:少しの工夫でオファーは増やせる!

企業からオファーされるには、プロフィールの情報量を増やし、定期的にログイン・更新することが重要です。

ぜひ今回紹介したNGパターンやオファー率を高める方法を参考にし、プロフィール内容を見直してみてくださいね。